人が選ぶ服の色合いでその人柄がわかる!

いつもよく身に付ける色から自分はどのような人なのか?という事が分かったり、服の色合いで個性を出すなどが出来ます。
では、選ぶ服の色合いからどのような事が分かっていくものなのでしょうか?

安定感のあるアースカラーやペールトーン

あまり自分自身を主張したくはない!という人が多く選ぶ色がアースカラーであったり、ペールトーンだと言われています。
これは平和な色味とも言われているので、他の人と蟠りもなく皆で楽しくやっていきたい!という気持ちが表れるとも言われている色味です。

自己主張が少なく、皆の意見を取り入れたいと考えている人も多くこのカラーやトーンを入れると言われています。

しかし気分が落ちつく色であるので、気分が落ち込んでしまっている時には別の色合いを選ぶものいいと思います。

アースカラーは自然のものから染めて作る事が出来るので、より自然体が好きな人には向いた色合いだと思います。
また、それを身に付けている事で、柔らかい人柄をイメージさせる事も出来ます。

難易度が高く気持ちを盛り上げられるビビットカラー

アースカラーやペールトーンとは違って、ビビットカラーは着こなしに関しては難しいと言われています。
ビビットカラーは原色なので、イメージがはっきりとついてしまうので上下がビビットカラー同士になってしまうととても忙しくなりファッションとしてはあまり上手とは言えません。

しかし上手に組み合わせをする事でビビットカラーを着こなす事が出来ればファッション界の先端で周りから憧れられる存在にもなれる事でしょう。

また、気分が落ち込んでしまっている時などに明るいビビットカラーを選ぶ事で、ポジティブな考えになれる事もあります。
パーティなどでの場でもダンサーなどが多くビビットカラーを取り入れるのには目立ちたい!成功させたい!という盛り上げられる効果もあるのです。

ビビットカラーは着こなしの難易度は高いかもしれませんが、上手に着こなす事でとびっくりのオシャレさんになれる確率もアップするものなのです。

より個性を出したい人がビビットカラーをヘアスタイルに取り入れる事もある程、ビビットカラーには何か人を魅了するエネルギーとパワーがあるのだと思います。