体型コンプレックスをカバーする服の色味とは

自分の体型が好きではないという人は世の中にはたくさんいると思います。

しかし服の色合いを少しだけチェンジしてあげる事で、気に入らない点をカバーできるとも言われています。
では、どのようにファッションで体型がカバーできるものなのでしょうか?

体型が太い人は色味を上手に使ってカバーする!

自分は人よりも太っている・・という事で落ち込んでしまったり、なかなか外に出たくなくなってしまう場合もあるようです。
しかし、太った体型でも上手にファッションを着こなしている人を見た事がありませんか?
世の中は細い人だけではありません!
そして、大きいサイズの洋服などもデパートなどで探す事もできるのです。

太いと気にしているだけで、実は自分でファッションを楽しもうとしていないだけなのです。
体型が大きな人はゆったりとしたファッションがよく似合い、腰回りが特に気になる場合は濃い目の色合いを持ってくるなど工夫ができます。
それで、少しでも引き締まって見えるので、実際のサイズよりも小さく見える事もあるのです。
また、明るい色のスカーフなどを首に巻く事で、そこに目がいくので、体型がそこまで強調されないという方法もあるのです。

細い人は色味とラインを出す服で魅力アップ!

実は細い人もそれなりにコンプレックスを持っているもので、痩せ型な人や生まれ持った痩せ体質の人は太れないという悩みがあります。
そして、二の腕や太ももが細い事を隠したいと思ってしまう事もあるのです。

しかし、細さをカバーする為に大きめの服を着てしまうとブカブカになってしまうので、あまりスタイリッシュではありません。
なので、カッコよさ、セクシーさを出す為にはラインが出る服がお勧めです。

でも、そこで濃い色を持って来てしまうと更に痩せて、小さく見えてしまうので、服の色味を選ぶのはとても大切になるでしょう。
ラインが出る服を選んだとしても、色は少し淡い色であったり、明るい色を持ってくると細さというシャープさが無くなるのでいいと思います。

明るい色といってもビビットカラーなどになってしまうとまた別の意味で浮いてしまうので、ビビットを取り入れたい場合はまたそのファッションを目的として着方でチャレンジするといいと思います。