細く見せたい!そんな女性の服の色合いセオリー

女性はやっぱり細く見せたい!と思う人が多いので、できるだけ大きく見えてしまうような服装は基本選びません。

ではどのような服の色合いを選ぶ事で着痩せする事ができるものなのでしょうか?調べてみましょう。

着痩せする色味を着れば女性はひと安心!

女性はやっぱりどんな時でも痩せてみられたい!と思うもので、その中でもファッションは自己表現ができるものなので、大切に考えているものです。
服なら何でもいい!と考える男性とは違って、女性はより女性らしさや、モテたいという願望がファッションにも出てくると言われています。

その中で最も重視するポイントで痩せているように見せたい!と思います。
なので、服の色合いを選ぶ際でも、膨張色は避け、収縮色を自然と選ぶ女性は多いのです。

膨張色は淡い色味で、柔らかい薄い色合いに多いです。
収縮色は濃い色味で、はっきりした色合いに多く、着痩せ効果もあるのです。

同じサイズの服があったとしても、黒と白を着るだけでまったくスタイルは変わって見えるとも言われる程なのです。
ちょっとぽちゃりしてきたお腹を隠したい時や、太ももの大きさが気になる女性は収縮色を選びます。

季節の流行りで着痩せしない色に人気た時の対処法!

収縮色を選んでいるとどんどん濃い目で暗めのファッションが多くなってしまい、第一印象が暗くなってしまう事もあります。
そして、季節で流行り色がありそれが淡い色や、薄い色という場合ももちろんあるのです。

その場合、ファッションの流行に遅れたくない!と思う女性はもちろん膨張色を着るという事にもなるのですが、それを着た事で太って見えてしまうのは嫌ですよね?

服の色味の流行りはもちろん全ての女性が似合う色とは限りません。
もちろん女性には嬉しくない膨張色が流行ってしまう事もあるのです。

そんな時は、その色を取り入れながら、自分の体型の気になる所には収縮色を取り入れて上手にコーディネートをする!という事です。
それであれば流行に遅れる事もなく、着痩せ術を生かしながらファッションが楽しめるのです。
女性の服選びは、痩せて見せたい、流行に合わせたいなどなかなかハードなものなのかもしれませんね。

それでも楽しめる人こそが、服選びセオリーを楽しみ、同性からも憧れられるのだと思います。